circle gallery & books

OPEN 12:00 – 19:00
CLOSE tue, wed, thu
tel/fax. 042 505 8019
mail. shop@circle-d.me

facebook
Twitter
-
Produced by circle-d

しゅんしゅん「Croquis De Voyage」

shunshun_omote.png


2017年7月7日[金] - 7月24日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:7月7日・8日・9日


2016年の夏にフランスをきままに旅した素描の本、
「CROQUIS DE VOYAGE」を刊行。新作の原画も展示販売いたします。
現地を共に旅したノートもお楽しみください。


しゅんしゅん

建築の世界から絵の世界へと移った素描家。
素描とは 素直に 素朴に 素早く 描くこと
ボールペンで描かれた、緻密で静寂なモノトーンの世界。

展示や作品提供だけでなく、自身での出版なども精力的に行なっている。
circle [gallery & books]での展示は2014年に続く、2度目の展示となる。

出版
「主の糸」2014
「線で綴る手仕事の旅」2013
「糸の泉」2011
「糸と会う」2009
詩画集「点と線の間にあるもの」2005 他


ohanashikai_image.jpg


『小さなお話会』
7月8日[土] 19:00-21:00 @HOMEBASE
---
shunshunが旅したフランスの写真を見ながらワインと軽食を味わう小さな会を開催いたします。
---
参加費:1,500円(立食形式による軽食とワイン付)
定員:20名(予約優先)
予約方法:件名を「小さなお話会予約」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、
shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。
---
HOMEBASE(国立市富士見台1-8-41)※circleより徒歩8分

原 尊之 「POP LIFE」

POPLIFE_dm_front_s2.jpg

2017年5月19日[金] - 6月5日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
在廊日は、5/20、22、27、29、6/3、4(HOMEBASE)、5を予定しています。


思えばずっと、自分が好きだった雑誌のような
古道具店をやってきたように思います。
純粋な文学や、むずかしい専門誌ではなく、雑多な雑誌。

店がもうすぐ10年目に入るタイミングで、
LET 'EM INを通して知り合った人達と、
今度は本当の雑誌をつくってみました。

LET 'EM IN 原 尊之


----


"But life it ain't real funky, Unless it's got that pop."
(人生はPOPじゃないとファンキーじゃない) Prince "Pop Life" 1985より


2008年の創刊以来、Princeのこの言葉をメインコンセプトとする
カルチャーマガジンとして年1回の発行を続けてきた"POP LIFE"。
POPであるとは物事の両極を楽しむ姿勢のことである、
との哲学から、毎号対義的な1つの特集テーマを取り上げてきました。
2017年号の特集テーマは「center & edge 芯と端」。
今号も、この特集テーマを元に
様々なアーティストたちと"POP"な表現を作り上げていきます。

[参加作家]
守本勝英
西山武士(イル・ジラゾーレ)
矢野利裕
MA1LL(SIMI LAB)
SAITOE
柳樂光隆
富岡栄二(ALL TOMORROW'S PARTIES)
culthat
片岡メリヤス
さぶ
ZAN
しまもとあり(古道具コレノナ)
millitsuka
江利川侑介
丸山晶崇(circle [gallery & books])


----

【関連イベント】

1. リスニングイベント
「新しいJazzとブラジル音楽を聴く」
@room 103
江利川 侑介(diskunion)
柳樂光隆(Jazz The New Chapter)
-
日時:5月21日[日] 15時00分~
参加費:無料


2. トークイベント 「芯と端と古物と」
@circle [gallery & books]
富岡栄二(古物百貨店 All Tomorrow's Parties)
原 尊之(古道具 LET 'EM IN)
-
日時:5月27日[土] 15時00分~
参加費:無料
定員:20名(予約優先)


3. DJイベント 「4 1/2salad」
@酒場FUKUSUKE(国立市東1-15-22 3F)
DJ Hayakawa/DJ Tick/DJ Bear 3名によるDJイベント
-
日時:5月27日[土] 19時00分~
参加費:無料
※飲食店なので、1オーダーをお願いします。


4. 出張料理店 「イル・ジラゾーレ」
@HOMEBASE(国立市富士見台1-8-41)
西山武士(イル・ジラゾーレ)
-
日時:6月4日[日] 11時30分-15時00分
イル・ジラゾーレ オーナーシェフの西山さんによる一日限りの出張料理店。
売り切れ次第終了です。


関連イベントの2のご予約はメールにて承ります。件名を「トークイベント 芯と端と古物と参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。なお、その他のイベントは予約不要となります。

中野由紀子 「昔の日記、通勤と散歩」

nakano_01.jpg

nakano_02.jpg

nakano_03.jpg

nakano_04.jpg


2017年4月14日[金] - 5月1日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:4月14日・5月1日


日々の生活の中、印象に残ったものや風景を、
記憶を辿りながら絵を描く中野由紀子。
通勤電車の窓の外の風景や、散歩中に気になったかたちの木や空き地、
昔の日記を読み返して思い出し、それらを自分の中の心象風景として画面に現しています。
浮遊感やゆるやかな空気を感じる作品に会いに、春のやぼろじへおこしください。


----
中野由紀子
多摩美術大学美術研究科絵画専攻油画研究領域 修了
http://instagram.com/nakanoyunyukiko

〈個展〉
2016 藍画廊 「-かわる景色-」
2015 藍画廊 「中野由紀子 展」

〈入選〉
2017 第35回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
2016 第31回 ホルベイン・スカラシップ奨学生
    TURNER ACRYL GOUACHE BIENNALE 2016(佳作)
    トーキョーワンダーウォール 2016
    第33・34回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
2015 トーキョーワンダーシード 2015
2014 トーキョーワンダーシード 2014

並木夏海「こなたかなた」

namiki_omote_s.jpg

works_03_s.jpg

works_02_s.jpg


2017年3月10日[金] - 3月27日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:3月12・19・20・26日


並木夏海
--
多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業
-個展
「きみはありしか」 pocke (2016)
-グループ展
「Dojima River Awards」堂島リバーフォーラム(2016)
「EXIST Vol.6」JINEN GALLERY(2016)
「KITAJIMA/KOHSUKE#13」カタ/コンベ(2016)
「EXIST Vol.5」JINEN GALLERY(2015)
「anywhere but hereⅡ」フリュウギャラリー(2015)
「色さざれ」多摩美術大学日本画専攻 卒業制作有志展(2014)
「雨を食べ 星を生む」三人展(2014)

MONONOME PRESS from 空想製本屋 「本の庭、庭の本」

niwa_spring_1.jpg
niwa_spring_2.jpg
niwa_summer_1.jpg
niwa_summer_2.jpg
niwa_fall_1.jpg
niwa_fall_2.jpg


2017年2月3日[金] - 2月20日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:2月5・12・19・20日


移り行く季節を本にして表現したい。
そう願いながら、庭の草木で紙や糸を染め、四季の言葉を編み
手製本リトルプレス「庭の本」を制作してきました。
この度、二年にわたる試みが「庭の本 冬」の刊行をもって完結します。
草木染めの写真や手製本の工程、季節の詩歌、
春夏秋冬の「庭の本」が出来上がるまでの過程を展示し
circle [gallery & books]にて、本からなる庭を開きます。
あわせて、庭の本の制作過程を収めた写真集も展示販売いたします。

早春の本の庭へ、どうぞお越しください。

----------
honnma_ws_01.JPG

honnma_ws_02.JPG

honnma_ws_03.JPG


【関連イベント】 ワークショップ 「庭の採集帖をつくる」
circleのある「やぼろじ」内の草木で染めた糸を使って、
拾った草花を貼り付け、飾っても楽しめる採集帖を手製本でつくります。

日時:2月12日[日]
   1部/11時00分~13時30分  定員となりました
   2部/14時30分~17時00分 定員となりました
参加費:3,500円(1ドリンク付き)
定員:各回5名(要予約)

ご予約はメールにて承ります。件名を「庭の本ワークショップ参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。
----------


空想製本屋/MONONOME PRESS

----------
本間あずさによる手製本の工房であり、「本と人とのあいだを繋ぐ」製本屋。読むことの手触りを忘れないために、一人一人、一冊一冊に向き合って手作業で本を仕立ている。都内の工房にて手製本を学んだ後、2010年「空想製本屋」を屋号に製本家として独立。2011年、半年間スイス・アスコナの製本学校で再び学ぶ。現在は東京都武蔵野市にアトリエを構え、本の仕立て直し、少部数の受注製本、製本教室、ワークショップなど活動中。2015年より、手製本リトルプレスMONONOME PRESSをスタート。


編集協力/そらみつ企画 写真協力/スズキ チヒロ(ズアン課)

工房イサド「木のかたち」

isa1.jpg

isa2.jpg
Photo: yurica terashima


2016年12月2日[金] - 12月19日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:12月2日・3日


新材や古材や端材など、あらゆる木材を使い作品をつくる工房イサド。
本展示では、古材を使ったスツールやフレーム、
新しい材から削り出したものなど、
材料そのものが持つ魅力から生みだされた、
野趣あふれたものを中心に、様々な作品が並びます。


工房イサド
http://isado.d.dooo.jp




【近隣店舗のご案内】
どちらも徒歩5分程度です。ぜひ合わせてお廻りください。
-
■musubi
ますみえりこ 横畠梨絵 二人展 「草から生まれる仕事」
12月2日[金]~10日[土] ※会期中の5日[月]はお休み
営_12:00~18:00/TEL_042-575-0084
http://www.musubiwork.jp
-
■ラマパコス
高知/長野大輔 器展 「半農半陶の暮らし」
12月9日[金]~11日[日]/16日[金]~18日[日]
営業_12:00~18:00
http://lamapacos.net/

Awabi ware 展

Awabiware_photo_square.jpg

2016年11月3日[木・祝] - 11月21日[月]
OPEN 12:00-19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
※11月3日(木・祝)は営業します。

作家在廊日:11月3日


淡路島で作品をつくる、Awabi wareの岡本純一さん。
「受け継ぐ器」をテーマに、
江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、
生活道具としての器をつくっています。

これからの時期にぴったりなココット(土鍋)や、色とりどりの美しい定番の器が並びます。

-----
Awabi ware 受け継ぐ器

いまから少し先、子供たちが大人になった時の食卓を想像します。
それは、長く使ってもらえる器を作りたいと思うからです。

どこかの時代の温かい食卓に、
あわびウェアが使われているとすれば、それはとても素敵なことです。

岡本純一

http://awabiware.net
-----

Photo: yurica terashima

吉原航平「俗の術」

yoshihara_dm_omote.jpg


yoshihara_poster.jpg


2016年10月14日[金]-10月31日[月]
OPEN 12:00-19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
会期中の土曜・日曜日は作家が在廊しております。


いま、日本列島と呼ばれるこの地で、古くからそれぞれの風土の中、
市井の人々の眼と手が獲得していた、
粗野で暗く生臭い、独特の信仰の造形言語。
そこへ耳を澄ましながら、土地で生き、何か託し、死ぬ。
という根源的営みへの回路を、またこの眼と手に探ります。


-----
トークイベント 「かたちの採掘」
ゲスト:大原大次郎

言葉や文字など、原理的なテーマを併行させ様々な手法や媒体で視覚表現を展開している大原大次郎さんをお招きし、「造形と図像」、「具象と抽象」、「素材と方法」等、日々の制作を手掛かりに、人が持つイメージと造形活動の根幹へと話を巡らせます。

日 時:10月22日[土]19時00分~20時30分
参加費:1,000円(1ドリンク、お菓子付)
定 員:20名(予約優先)

ご予約はメールにて承ります。件名を「かたちの採掘トーク参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。
-----


YOSHIHARA Kohei
1985年神奈川県生まれ。画家。
個展
-2010年 「図鑑」
Central East Tokyo 2010 (馬喰町)
-2013年 「群像」
island MEDIUM (外神田)
-2015年 「土祠」
TRANS ARTS TOKYO 2015 (神田)

寺島由里佳 「きょうも、どうぶつえん」

yuricamera_panda.jpg
ジャイアントパンダ(アドベンチャーワールド)


unnamed.jpg
ツキノワグマ(盛岡市動物公園)


2016年9月9日[金]-9月26日[月]
OPEN 12:00-19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
※9月22日[木・祝]は営業いたします。

作家在廊日/9月19日・22日
      24日 14:30-19:00
      25日 16:00-19:00


動物園に通い始めて約9年。
上野動物園のホッキョクグマのユキオくんに出会ってから、
仕事の合間に通い続け、夢は全国・世界の動物園に行くこと。
日本国内だけで廻った動物園は40カ所。全国制覇までの道は続く...。

そんな日々撮り続けた写真の中から、何気ない表情や、決定的瞬間など、
過去の作品と合わせてお気に入りを展示します。

全国の動物たちにぜひ会いにご来園お待ちしています。


-----
[関連イベント]

① 写真教室 / 井の頭自然文化園に行こう!(初心者向け)募集を締め切りました
[協賛:株式会社シグマ]
日時:9月25日[日] 10時00分~11時30分 (雨天中止 ※前日に最終連絡をいたします)
集合場所:井の頭自然文化園 入り口(正門)
持ち物:一眼レフ or ミラーレスカメラ
    ※使い方に自信のない方は取り扱い説明書もご持参ください。
定員:10名
参加費:1,500円 ※入園料は別途必要となります。
ご予約はメールにて承ります。件名を「写真教室参加希望」とし、本文に代表者のお名前、電話番号、人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。折り返し詳細をメールいたしますので、迷惑メールの設定にご注意ください。

② どうぶつミニクイズを開催!
作家在廊日のみ、簡単などうぶつクイズを随時開催します。
参加者の中から抽選で動物園のチケットをプレゼント! お気軽にご参加ください!
-----


本展示に合わせ、これまでの動物園で撮影した写真集を会場にて先行販売します(300部限定)!
かわいらしい動物写真だけで終わらずに、これを機会にいまの「動物園」について、
知るきっかけになることを願います。ぜひお手に取ってご覧ください。

『きょうも、どうぶつえん』
発売:2016年9月9日
価格:2,000円(税別)※予定価格
A5版 カラー40ページ(初版限定300部)
デザイン:丸山晶崇(circle-d)
寄稿:小菅正夫(札幌市円山動物園参与・前旭山動物園園長)
発行:circle [gallery & books]
お問い合わせ:shop@circle-d.me

Photographer yuricamera / 寺島由里佳
ポートレイトを中心に、広告雑誌媒体などで活動中。ライフワークで動物園にいる動物たちを撮り続け、全国・世界の動物園を巡るのが夢。ポストカード、iPhoneケースなど企業とのコラボグッズ開発の他、立教大学や「カメラの学校」の講師、企業・行政とのイベント企画なども行う。
http://yuricamera.net/

たつみなつこ と 森野美紗子 の ひとやすみ展2

HITOYASUMI_front.jpg


たつみなつこ と 森野美紗子 の
ひとやすみ展2

2016年6月17日[金]-7月4日[月]
作家在廊日/6月19日・25日・7月3日


あくせくする毎日にひとやすみする時間をつくりたい。
そんな思いで2009年に開催した「ひとやすみ展」。
そこで作った絵や雑貨が多くの人に愛されるようになった。
いつかまた2をやろう、その思いがついに、
今年、circleにて実現することとなりました。
またあらたな一歩となるように、新しい試みをします。
友だちの家に遊びに来る気分で、ひとやすみしにいらしてください。


【関連イベント】 LIVE サボテン高水春菜

sabo3.jpgsabo_jake3.jpg

日 時:6月19日[日]17時30分~18時30分
参加費:1,500円(ひとやすみポストカードとお茶付き)
定 員:20名(予約優先)

ご予約はメールにて承ります。件名を「LIVEサボテン参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。

<サボテン高水春菜 http://takamizuharuna.com
新しくもどこか懐かしさのあるメロディー、ささやかな心の揺れを掬いとる物語性の高い詞、中世的で透明感のある歌声で注目される『ニューフォーク』シンガーソングライター。2016年2月にニューアルバム『まちの風景』がタワーレコードよりリリース。ジャケットイラストを森野美紗子が手がける。吉本ばななさんの帯コメント「この才能のすべてが私の人生になくてはならない輝かしいもの。春菜ちゃんの存在はこの世の奇跡です!」


6月19日・25日・7月3日はことばのしおり交換をします。
ひとやすみ展2オリジナルのしおりにお好きなことばを書いていただき、そのことばのしおりと、他の方のことばのしおりとを交換します。どんなことばが出てくるか、お楽しみに。森野さんかたつみさんのことばのしおりが当たることも!(参加費100円 / なくなり次第終了です)


たつみなつこ http://tatsuminatsuko.com
森野美紗子 http://morinomisako.com