circle gallery & books

OPEN 12:00 – 19:00
CLOSE tue, wed, thu
tel/fax. 042 505 8019
mail. shop@circle-d.me

facebook
Twitter
-
Produced by circle-d

中野由紀子「昔の日記、通勤と散歩」レポート

『ぼんやりしている時、自分は今どこに立っているのかな、そんな感覚になる時があります。その感覚が好きで、それを味わえるような空間をつくりたいなと思いました。
以前より夢で見た風景などを題材にしてきましたが、今回はどちらかというと自分が意識的に動いている(と思っている)時を描いています。通勤電車の窓の外を流れる風景や、散歩中に見つけた植物たち、昔の自分の文章を読んだ時の記憶の蘇り方。
それらは現実ではありますが、本当にそうかな、と思えるような瞬間があります。その感覚を大事にして絵を描いています。』 中野由紀子

DSC_0076.jpg

DMにもなっているこの作品たちは、黒い紙やトレーシングペーパーなどに描いたドローイングを切り抜いたものです。モチーフは通勤や散歩の途中で見かけるような、というか、見過ごすようなものばかり。玄関先にある多肉植物や観葉植物、干されている布団、ゴミ置場、ガードレール、植物のない植木鉢。

DSC_0107.jpg

そういえば、中野さんの展示の一つ前、並木夏海さんの展示「こなたかなたでは、並木さんも身の回りにあるものを作品のモチーフにされていました。しかしモチーフは同じでも、線も色もまったく異なり、はっきりとした世界観の違いが、観る側としてはとても面白い。

中野さんは浮遊感のある歪みのある線で、少ない色味をドラマチックに使用している印象です。
絶妙なバランスで描かれた景色は、まるで白昼夢を見ているような不思議な感覚を呼び起こします。

DSC_0051.jpg

DSC_0056.jpg

もともとは油絵の作品を描くことが多く、ドローイングを今回のような形の作品にしたのははじめてとのこ。
油絵は盛りが少なく書き込みもシンプル。トーンも抑え気味であっさりとしています。しかしだからこそ、唐突に現れる鮮烈な赤系の色にハッとして、この色の先になにがあるのだろうかと想像を掻き立てられます。

DSC_0092.jpg

展示はいよいよ残りわずかとなりました。若手の作家ということで、作品は購入のしやすい価格帯となっています。今後の活躍がとても楽しみな方です。「作品を買う」そして「自宅に飾る」という楽しみを経験をしてみるのはいかがでしょう。


中野由紀子 「昔の日記、通勤と散歩」
2017年4月14日[金] - 5月1日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)




スタッフ:飯塚

中野由紀子 「昔の日記、通勤と散歩」

nakano_01.jpg

nakano_02.jpg

nakano_03.jpg

nakano_04.jpg


2017年4月14日[金] - 5月1日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:4月14日・5月1日


日々の生活の中、印象に残ったものや風景を、
記憶を辿りながら絵を描く中野由紀子。
通勤電車の窓の外の風景や、散歩中に気になったかたちの木や空き地、
昔の日記を読み返して思い出し、それらを自分の中の心象風景として画面に現しています。
浮遊感やゆるやかな空気を感じる作品に会いに、春のやぼろじへおこしください。


----
中野由紀子
多摩美術大学美術研究科絵画専攻油画研究領域 修了
http://instagram.com/nakanoyunyukiko

〈個展〉
2016 藍画廊 「-かわる景色-」
2015 藍画廊 「中野由紀子 展」

〈入選〉
2017 第35回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
2016 第31回 ホルベイン・スカラシップ奨学生
    TURNER ACRYL GOUACHE BIENNALE 2016(佳作)
    トーキョーワンダーウォール 2016
    第33・34回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
2015 トーキョーワンダーシード 2015
2014 トーキョーワンダーシード 2014

並木夏海「こなたかなた」レポート

Namiki_06.jpg

並木さんは多摩美術大学で日本画を専攻されていました。和紙に岩絵の具という日本画の画材で描かれた作品は、日本的な印象と共に、グラフィカルでデザイン的な要素もあり、独特なバランスの世界観です。


Namiki_05.jpg

私は日本画についての知識があまりにも乏しいもので、この展示を機に少し日本画について調べていたところ、大正から昭和にかけて活躍した日本画家の福田平八郎さんに行き当たりました。福田平八郎さんの作品「漣」、そして「雨」をはじめて見たのですが、今まで私が抱いていた「日本画」のイメージを大きく覆すものでした。その特徴は、斬新でありながら、どこか懐かしい不思議な作風、そして、狭い視界で見た部分だけを切り取る大胆なトリミングとデザイン感覚。これらは並木さんの作品に通づるものがあると感じました。


Namiki_04.jpg

並木さんの作品のモチーフは、ブロック塀や柵、フェンスやどこかで見た看板など、身の回りにあるようなもの。それらの一部をトリミングし、ごくシンプルに白、青、グレーで描いた、記号的で平面な世界。しかしじっくりと見ていると、絵の奥に影があったり、植物のようなものがうっすらと見えてきたりします。描いた絵の上に和紙を重ね、その上にも絵を描いて下の絵を透かしているそう。近づいて見てみると、岩絵の具のキラキラとした表情、輪郭線の盛り上がり、和紙の質感、透けて見える絵など、離れて見ていては気がつかない、細かな技が盛り込まれていることが分かります。


Namiki_02.jpg

この画面を通して見ている分には細かな表現は伝わりません。和紙から透けて見える奥の絵の質感はなんとも不思議です。ぜひぜひ見にいらして下さい。


Namiki_07.jpg


並木夏海「こなたかなた」
2017年3月10日[金] - 3月27日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
作家在廊日:3月12・19・20・26日




スタッフ:飯塚

並木夏海「こなたかなた」

namiki_omote_s.jpg

works_03_s.jpg

works_02_s.jpg


2017年3月10日[金] - 3月27日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:3月12・19・20・26日


並木夏海
--
多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業
-個展
「きみはありしか」 pocke (2016)
-グループ展
「Dojima River Awards」堂島リバーフォーラム(2016)
「EXIST Vol.6」JINEN GALLERY(2016)
「KITAJIMA/KOHSUKE#13」カタ/コンベ(2016)
「EXIST Vol.5」JINEN GALLERY(2015)
「anywhere but hereⅡ」フリュウギャラリー(2015)
「色さざれ」多摩美術大学日本画専攻 卒業制作有志展(2014)
「雨を食べ 星を生む」三人展(2014)

utacoのライブともぐもぐ展 -序章-

LP-04.jpg

S-04.jpg

P-03.jpg


「うたのこどもが生まれた日。」のメンバーが集まって、
こころもおなかもあったまる時間をつくります。

うたのこどもが生まれた日。の様子はこちらでご覧になれます。
http://utacoweb.wixsite.com/vol3/


日にち:2017年2月25日(土)

おひるの部
----------
11:00 OPEN 11:30START
チャージ料2000円 おにぎり・お味噌汁付き

おやつの部
----------
15:00OPEN 16:00START
チャージ料 2000円 焼き菓子・チャイ付き
(ホットワイン +200円)

各部とも定員:15名(要予約)
----------
ご予約は下記よりお願いします。
utacoevent@gmail.com
http://utacoweb.wixsite.com/official/

唄とギター/utaco
焼き菓子と展示/うらわ
展示/pecora

空想製本屋 「本の庭、庭の本」レポート

日々、暮らしている中で、ふとした瞬間に季節を感じることが、きっとみなさんあると思います。
その瞬間は、心がほどけているような、小さな感動を感じているような、すこし幸せなとき。
「庭の本」は、そんな瞬間をそっと大事に集めてつくられたような、愛おしい本です。

02.jpg

春・夏・秋・冬、それぞれの「庭の本」は、椿、藍、ローズマリー、枇杷など、空想製本屋のアトリエの庭に育つ、季節ごとの草木を用いて表紙と綴じ糸を染め、一冊一冊手製本で制作されています。綴じ方や造本はそれぞれの季節によって異なり、内容は古典から近代までの、季節を詠んだ和歌や俳句、詩などが集録されています。

03.jpg

「庭の本 春」は表紙を藪椿と紫木蓮(シモクレン)で、綴じ糸を桜とヨモギで染めています。春、落下した椿の花を拾い集め、花びらを酢と水と混ぜて細かく砕き、染液を作ります。紙を浸して染めると、優しく淡いピンク色に。製本は列帖装(れっちょうそう)という、平安時代に考案された綴じ方で仕立てています。春を詠んだ万葉集〜近代までの76の和歌と俳句を暦順に掲載。

niwa_summer_1.jpg

「庭の本 夏」は表紙とリボンを藍の生葉で、綴じ糸をミントとローズマリーで染めています。夏、庭で育てた藍の葉を刈り、水と葉を合わせて細かく砕いた染液に紙を浸すと、夏の青空のような澄んだ水色、甕覗(かめのぞき)の色が現れます。製本はリボンに直接本文を綴じつける、リボンリンプ装。正岡子規、高浜虚子などの夏を詠んだ104の近代俳句を暦順に掲載。

niwa_fall_1.jpg

「庭の本 秋」は表紙を柿渋染め、綴じ糸を栗とクヌギで染めています。秋、アトリエの正面に立つまだ青い柿の実を収穫します。染液は青柿色ですが、紙を繰り返し日光に当てることで濃い茶色へと変わっていきます。製本はボタンホールステッチ製本。北原白秋、三好達治などの秋を詠んだ近代史31編を暦順に掲載。

04.jpg

「庭の本 冬」は表紙を枇杷の葉で、綴じ糸を南天で染めています。冬、庭の南天の枝葉を刈り取り、綴じ糸を染めます。枝の内部にある層と同じ、淡い黄色に染まります。枇杷は良い香りの白い花を冬に咲かせます。製本はバックステッチ製本。中央で鍵のように組合わさった表紙を左右に開くと、白い冬が現れます。

06.jpg

草木染めというのはとても面白いですね。「庭の本 春」の椿は花びらで染めますが、桜は花びらではなく、枝から染めると薄い桜色になるそうです。「庭の本 夏」の藍の色も、藍色というと濃い青色を思い浮かべますが、生葉だと澄んだ水色に染まるなんて、はじめて知りました。「庭の本 秋」の柿渋染めは、青柿色の染液なのに、日に当てることで干し柿のような味わい深い色に仕上がります。「庭の本 冬」の枇杷の葉は緑色をしているのに、染まった表紙は枇杷の実のような色です。

ページをめくって季節を詠んだ和歌や俳句、詩などを読んでいると、千年前、数百年前にも、今と同じように四季があり、同じ季節を過ごし、同じように季節を感じたり楽しんだりしていて、昔も今も、私たちはあまり変わっていないのではないかと、不思議な気持ちになります。

01.jpg

展示では草木染めや手製本の工程、春夏秋冬の「庭の本」が出来上がるまでの過程も写真でご覧頂けます。

最後に、空想製本屋である本間あずささんのブログからの一文を。


 四季を通して庭の本を制作する中で、私自身、もちろん細やかな季節の変化に敏感になりましたし、
 カレンダー的なコマ割の時間の流れから、
 季節は、時間は、帯状に、ひとつづきに、流れてゆき、互いの季節が互いを内包するようにして、
 抱え合っているんだなと実感するようになりました。そして自分もその一部なのだと。




MONONOME PRESS from 空想製本屋 「本の庭、庭の本」
2017年2月3日[金] - 2月20日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
作家在廊日:2月5・12・19・20日



スタッフ:イイヅカ

MONONOME PRESS from 空想製本屋 「本の庭、庭の本」

niwa_spring_1.jpg
niwa_spring_2.jpg
niwa_summer_1.jpg
niwa_summer_2.jpg
niwa_fall_1.jpg
niwa_fall_2.jpg


2017年2月3日[金] - 2月20日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:2月5・12・19・20日


移り行く季節を本にして表現したい。
そう願いながら、庭の草木で紙や糸を染め、四季の言葉を編み
手製本リトルプレス「庭の本」を制作してきました。
この度、二年にわたる試みが「庭の本 冬」の刊行をもって完結します。
草木染めの写真や手製本の工程、季節の詩歌、
春夏秋冬の「庭の本」が出来上がるまでの過程を展示し
circle [gallery & books]にて、本からなる庭を開きます。
あわせて、庭の本の制作過程を収めた写真集も展示販売いたします。

早春の本の庭へ、どうぞお越しください。

----------
honnma_ws_01.JPG

honnma_ws_02.JPG

honnma_ws_03.JPG


【関連イベント】 ワークショップ 「庭の採集帖をつくる」
circleのある「やぼろじ」内の草木で染めた糸を使って、
拾った草花を貼り付け、飾っても楽しめる採集帖を手製本でつくります。

日時:2月12日[日]
   1部/11時00分~13時30分  定員となりました
   2部/14時30分~17時00分 定員となりました
参加費:3,500円(1ドリンク付き)
定員:各回5名(要予約)

ご予約はメールにて承ります。件名を「庭の本ワークショップ参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。
----------


空想製本屋/MONONOME PRESS

----------
本間あずさによる手製本の工房であり、「本と人とのあいだを繋ぐ」製本屋。読むことの手触りを忘れないために、一人一人、一冊一冊に向き合って手作業で本を仕立ている。都内の工房にて手製本を学んだ後、2010年「空想製本屋」を屋号に製本家として独立。2011年、半年間スイス・アスコナの製本学校で再び学ぶ。現在は東京都武蔵野市にアトリエを構え、本の仕立て直し、少部数の受注製本、製本教室、ワークショップなど活動中。2015年より、手製本リトルプレスMONONOME PRESSをスタート。


編集協力/そらみつ企画 写真協力/スズキ チヒロ(ズアン課)

年内の営業と2月の企画展のお知らせ

もうこのお知らせをする時期がきましたね。
年内の営業は、本日12月19日(月)までです。
来月の1月はお休みをいただきまして、2月からの営業となります。
毎度長いお休みをいただくcircleです。

2月の企画展は、当店でもお取り扱いしている、空想製本屋「庭の本」シリーズの展示です。

空想製本屋は、手製本の工房であり、本と人とのあいだを繋ぐ製本屋です。読むことの手触りを忘れないために、一人一人、一冊一冊に向き合って手作業で本を仕立てています。
東京都武蔵野市にアトリエを構え、本の仕立て直し、少部数の受注製本、製本教室、ワークショップなどの活動をされています。

「庭の本」シリーズは、庭の草木で染めた素材と季節のことばで編んだ手製本リトルプレス。これまでに春の本・夏の本・秋の本が刊行されており、シリーズ最後の「冬の本」が刊行されるのを待っての、2月の企画展となります。期間は2017年2月3日(金)から20日(月)まで。どうぞよろしくお願いいたします。


庭の本 Books from the garden

季節を本にして表現したい。触れて、読んで、手のひらにおさめられる形を持った本にしたい。
植物のように、土から生まれ、土に還る本を作ってみたい。
繰り返される四季の中で美しい草木に出会うたび、季節の言葉に触れるたび、そう願ってきました。
これは移り行く季節を本の中に閉じ込める試みです。千年前の、数百年前の、同じ季節を過ごしてきた人たちの言葉が、季節の植物の色にのって匂い立ち、手にとる人によってさらに育てられていきますように。
いつかの季節と、いまの季節のあいだを繋ぎ、そしてこれからの季節をともに過ごす本を、お届けします。


空想製本屋 honno-aida.com

工房イサド「木のかたち」レポート

isado_01.jpg

工房イサドの「イサド」とは、宮沢賢治の『やまなし』の中に出てくる何かです。
蟹の兄弟が、どちらの吐く泡が大きいかでケンカしていると、お父さん蟹がやってきてこう言います。

『もうねろねろ。遅いぞ、あしたイサドへ連れて行かんぞ。』

この一言にしか出てこない「イサド」が、それです。
イサドについてなんの説明もありませんが、なにか行きたくなるような、楽しくて魅力のある場所なのだろうということだけ伝わります。

isado_04.jpg

イサドさんの作品は同じ形のものでもひとつひとつ異なった表情をもっています。

たとえばカッティングボード。大きさや形が同じでも、木の目や表面の凹凸を生かし、どの部分を使用するか考えて切り出しています。そのため、同じ木から切り出したカッティングボードでもそれぞれがとても表情豊か。

たとえば古材を利用した額。木を組んでいた穴や溝がそのまま生かされ、同じ四角い額でも異なった雰囲気です。

たとえば花器の形をした寄せ木のオブジェ。正面から見ると複雑な模様が美しく、真上から見ると三角形が並んでいます。三角柱を組み合わせてから大まかに形を切り出し、サンダーで削って仕上げているそうです。その為、真上から見ると正円でなく少し楕円です。表面を撫でると、磨かれた滑らかな触り心地の中に歪みを感じます。木工旋盤を使えばもっと簡単にきれいな円が削り出せますが、このパッと見では分からないような歪みが面白くて好きなのだとイサドさんはおっしゃっていました。

isado_07.jpg

凸凹や歪み、穴や節など、ものを作る際には消されてしまうことの方が多いそれらを、イサドさんは生かします。それはとてもおおらかで、けれど技術と根気のいる作業。

『もうねろねろ。遅いぞ、あしたイサドへ連れて行かんぞ。』

「イサド」はなにかおもしろくて楽しい、魅力的なところ。たった一言、一度しか出てこない「イサド」を屋号にした工房イサド。これからもきっと、なにかおもしろくて楽しい、魅力的なものづくりをされていくのでしょう。私たちはケンカせず良い子で待ちましょう。


明日12月11日(日)は工房イサドさんが在廊されることとなりました!
作品についてお話を伺えるチャンス!
カッティングボードや木の器、なべ敷きや額は即日お持ち帰りいただけます。
会期は19日(月)までです。ご近所のラマパコス(http://lamapacos.net)でも高知の長野大輔さんの器展を開催中。ぜひ谷保巡りしてみてください!


工房イサド「木のかたち」
2016年12月2日[金] - 12月19日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)


スタッフ:飯塚

「awabi ware 展」レポート

awa6.jpg

受け継ぐ器をコンセプトに、日用食器を制作しているあわびウェア。淡路島の美しさと書いて「あわび」、あわびウェアの「ウェア」には製品という意味があります。江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、生活道具としての器をつくっています。

珉平焼は江戸後期、賀集珉平によって始められた焼き物で、珉平焼または淡路焼ともいわれ淡路を代表する焼き物です。鮮やかな色調が特徴だそうで、画像検索してみると黄色や緑、鮮やかな青など、華やかな焼き物の写真が並んでいました。形はシンプルなものが多く、あわびウェアに通づるものを感じます。

awa2.jpg

あわびウェアの岡本純一さんは、もともとは美術大学で彫刻を専攻されていたそうで、2010年に出身地である淡路島に移住されてから、古物に学びながら独学で器づくりを始められました。ろくろを回して形成するのではなく、石膏型を使ってつくられるあわびウェアの器は、シンプルで美しく、それでいてあたたかみのある質感で、製品と作品の間のような印象。

awa4.jpg

あわびウェアのお皿を見ていると、料理をのせたイメージがあれこれ浮かんできます。和にも洋にも、エスニック料理なんかにも馴染んでくれる、なんとも懐の深い器です。主張しすぎず、かといって溶け込みすぎずに彩りを添えてくれます。美しくて使いやすくて、きっと何年も何十年も、使い続けることのできる器でしょう。欠けたり割れたりしても、金継ぎされた美しい姿が想像できます。

awa1.jpg

兵庫県の淡路島で活動されているので、なかなか東京でawabi wareの個展をされることが少なく、今回が東京では2回目の個展です。淡路島から車で380点以上の器を持って来てくださいました。初日はこの個展を楽しみにされていたたくさんのお客様にご来店いただき、お店番2人プラス助っ人1人でてんやわんや。お会計もお待たせしてしまい、ご迷惑をお掛けしました。

awa5.jpg

インスタグラムで写真を見ていらしていただく方も多いようです。ハッシュタグの「#awabiware」をたどると、あわびウェアの器に美味しそうな料理が盛られている食卓の写真を見る事ができてとても楽しいですよ。
このブログにのっている写真は11月12日現在の様子です。たくさんの器を多くのお客さまの元へと送り出しましたが、まだまだ素敵な器が揃っています。これだけの量を一度に東京でご覧頂ける機会はなかなかありませんので、今からでもぜひぜひお越し下さい!


Awabi ware 展
2016年11月3日[木・祝] - 11月21日[月]
OPEN 12:00-19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)



スタッフ:イイヅカ