circle gallery & books

OPEN 12:00 – 19:00
CLOSE tue, wed, thu
tel/fax. 042 505 8019
mail. shop@circle-d.me

facebook
Twitter
-
Produced by circle-d

佐藤拓真 個展「WYSASSS 」について

美術家・佐藤拓真は、ものと行為の関係を介しながら、「作品」と「場所」の概念的な横滑りを主題に制作を行う。

WYSASSS_1_s.jpeg

WYSASSS = When You See the Acrylic to See a Stone and a Stone

写真作品である『WYSASSS』は、石とアクリルによって組み立てられた「建築模型」の写真として制作されている。石と石の間にアクリルを挟んだこの構造物は、正面性の条件を満たした時、アクリルが消え(たように見え)、石が浮く(ように見える)。「空中に浮かぶボックス」は、近代建築の目指した主題のひとつである。また、正面性は建築家ル・コルビジェが重要視したメディア戦略である。


sat2.jpg

WYSCSC = When You See the Construction to See a Construction

建築家ル・コルビジェ設計の「サヴォワ邸」を扱うこの作品は、トレーシングペーパーにトレースされた3層分の平面図と、表グラフのリソグラフィーから成る。リソグラフィーは作家が実際に経験したシークエンスの順序であり、建築空間のらせん構造を示唆している。リソグラフィーを手引きとしながら平面図を経験することが意図されているが、グラフ通りに図面を鑑賞したところで建築の経験には置き換えられない。それは実作の経験に対する写像でもある。「サヴォワ邸」は近代建築における「空中に浮かぶボックス」のメルクマール。


sat4.jpg

本展示「WYSASSS」は、近代建築の解釈をモデル化した『WYSASSS』と、建築家ル・コルビジェ設計の「サヴォワ邸」に関する記述で構成された『WYSCSC』で成り立つ。両作品に共通するのは、建築を建築そのものではない方法で指示しようとする行為であり、それによりもたらされる不確定な「スケール感」である。

建築の経験はどこにあるのか。建てられた実作としての建築ではなく、写真、図面、模型、テキスト、その他形式のメディア(=媒介物)にこそ、経験を実感する場合がある。事前にメディアで経験した建築を訪れる時、しばしばイメージを超えない。想像より小さい?sプローチの問題?周辺の環境?視界に入る自分以外の鑑賞者?そもそも建築は断片的に訪れる場ではなく、継続して経験する場である。実作と媒介物、どちらが「建築」なのか。

ここではないよそに建つ建築と、ここにあるメディアの建築における決定的な違いは、スケールである。メディア建築は、実際のスケールを再現できない。スケールとノンスケールを行き来する行為が、こことよその境界をあいまいにする。こことよその複合体を「建築」と呼ぶこと。
しかし、いずれにせよ、それは消化不良を引き起こし、物足りない。

本展示は、以上の問いを巡りつくられた。

-WYSASSS展示会場冊子より-



今回は私の言葉で説明するよりも、佐藤さんご本人の言葉の方が適していると感じたので、展示会場にて配布している冊子からの文章を載せました。写真もあまり載せたくなかったので、ぜひ足をお運びください。
佐藤さんは最終日の24日(日)に在廊を予定しています。ぜひお話しを伺ってみてください。私にとってはまったく新しい見方、考え方でとても新鮮でした。


sat3.jpg

1階書店スペースでは、本展示と同タイトルの『WYSASSS』を刊行した出版レーベル「DOOKS」のポップアップショップも開催しています。一般の書店ではなかなか手に入らない書籍がずらりと並んでいます。こちらも合わせてお楽しみ下さい。

-

佐藤拓真 「WYSASSS」
2017年9月8日[金] - 9月24日[日]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)



スタッフ:イイヅカ

佐藤拓真 「WYSASSS」

WYSASSS_1_s.jpeg

WYSASSS_2_s.jpeg


2017年9月8日[金] - 9月24日[日]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)


美術家の佐藤拓真は、初の個展となる「WYSASSS」を、
9月8日(金)から東京・谷保のcircle [gallery & books]にて開催いたします。

佐藤拓真は、1989年宮城県生まれ。
大学で建築を学び、修士課程で美術研究を行った佐藤は、ものと行為の関係を介しながら、
「作品」と「場所」の概念的な置き換え、交換、横滑りを主題に制作を行っています。
本展示「WYSASSS」は、近代建築の解釈をモデル化した《WYSASSS》と、
建築家ル・コルビュジェ設計の「サヴォワ邸」に関する記述で構成された《WYSCSC》とが併置されます。
2つの作品に共通するのは、建築を建築そのものではない方法で提示しようとする行為であり、
それによりもたらされる不確定で経験不能な「スケール感」と言えるでしょう。

スケールとノンスケールの間を行き来する横滑りされた「建築」を通じ、
作品と場所の関係を拡張しようとする佐藤の個展を、この機会に是非ご覧ください。


■作家プロフィール
佐藤拓真 Takuma Sato
1989年 宮城県生まれ
2011年 東京理科大学工学部建築学科 卒業
2013年 横浜国立大学都市イノベーション学府 修了

主な展示
2013年 《あなたは山と山を交換するための旅にでる》修了作品展
2011年 《light camp》野外パフォーマンス

主な論文
2013年 『ここ/そこ/どこか――もの派以降の芸術における場』修士論文


http://satotakuma.com/

DOOKS_s.jpeg


*展示に際し、同タイトルの作品集『WYSASSS』(DOOKS、1,800円+税)を出版。
ギャラリー1Fの書店を中心に、都内書店で販売予定です。


しゅんしゅん「Croquis De Voyage」レポート

しゅんしゅんさんのcircleでの展示は今回が2度目です。前回は2014年11月。素描集「主の糸」刊行記念の原画展でした。会期中にしとしとと雨が降り、まるでしゅんしゅんさんの描く線のようだったことを覚えています。

しゅんしゅんさんの素描はボールペンの線で描かれています。下書きもないフリーハンドで引かれる直線や円、光の粒。まっすぐな線に現れるゆらぎは、水の揺らめきを見ているような心地よさを感じ、線の途切れた空白にはキラキラと輝く光が見えます。

DSC_0s008.jpg

今展示では、しゅんしゅんさんが2016年の夏にフランスをきままに旅したクロッキーの本、「CROQUIS DE VOYAGE」を刊行。新作の原画も展示販売しています。そして、現地を共に旅したノートも実際に手に取ってご覧いただけます。

「CROQUIS DE VOYAGE」は、しゅんしゅんさんのこれまでの素描よりももっと素早く引かれた線で描かれていて、スピード感やどこかチカラの抜けた線はまさに速写(Croquis)という表現がぴったり。

そして、しゅんしゅんさんはこの旅の間、ずっと風に導かれているような感覚があったと話されていました。

DSC_shun5.jpg

新作「風のクロッキー」シリーズ。

DSC_s0022.jpg

現地を共に旅したノートは2冊。日本から持っていったスケッチブックと、フランスで購入したノート。「CROQUIS DE VOYAGE」には収録されていないクロッキーも多く、ちょっとしたメモや日記のようなものも書かれていて、旅の勢いやとまどい、高揚感が感じられ、本になったものとはまた違った楽しさがあります。

DSC_0s029.jpg

DSC_0s031.jpg

そして、原画ならではのクリアで生き生きとした線が臨場感を与えてくれます。もしかしたら、それこそ風を感じているのかもしれません。

DSC_shun8.jpg

DSC_shun9.jpg

-

風景とは 風の景
旅のあいだ
ずっと 風 をさがしていた

-

DSC_shun6.jpg


しゅんしゅん「Croquis De Voyage
2017年7月7日[金] - 7月24日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)


スタッフ:イイヅカ

しゅんしゅん「Croquis De Voyage」

shunshun_omote.png


2017年7月7日[金] - 7月24日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:7月7日・8日・9日


2016年の夏にフランスをきままに旅した素描の本、
「CROQUIS DE VOYAGE」を刊行。新作の原画も展示販売いたします。
現地を共に旅したノートもお楽しみください。


しゅんしゅん

建築の世界から絵の世界へと移った素描家。
素描とは 素直に 素朴に 素早く 描くこと
ボールペンで描かれた、緻密で静寂なモノトーンの世界。

展示や作品提供だけでなく、自身での出版なども精力的に行なっている。
circle [gallery & books]での展示は2014年に続く、2度目の展示となる。

出版
「主の糸」2014
「線で綴る手仕事の旅」2013
「糸の泉」2011
「糸と会う」2009
詩画集「点と線の間にあるもの」2005 他


ohanashikai_image.jpg


『小さなお話会』
7月8日[土] 19:00-21:00 @HOMEBASE
---
shunshunが旅したフランスの写真を見ながらワインと軽食を味わう小さな会を開催いたします。
---
参加費:1,500円(立食形式による軽食とワイン付)
定員:20名(予約優先)
予約方法:件名を「小さなお話会予約」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、
shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。
---
HOMEBASE(国立市富士見台1-8-41)※circleより徒歩8分

原 尊之「POP LIFE」レポート


DA0cW3KUwAAI311.jpg

先日POP LIFE関連イベントとして、トークイベント「芯と端と古物と」を開催しました。
トークゲストは古物百貨店 All Tomorrow's Parties オーナーの富岡栄二さん。同じく古道具店 LET 'EM INを営む原 尊之さんと富岡さんは商品を仕入れる古物市場で出会い、店のオーナーという立場や、音楽、映画好きという趣味の部分での共通点もあり、一緒に「4 1/2 SALAD」というDJユニットを組むような仲ということで、終始リラックスした雰囲気の雑談という感じのトークイベントとなりました。

image2.JPG

今展示では原 尊之さんが編集長となり、これまで店を通じて出会った14名の多彩な知人、友人と共に『POP LIFE』という雑誌をつくり、その掲載作品や世界観を展示しています。そして富岡さんもその多彩な友人の中のひとり。『POP LIFE』には富岡さんと原さんの二人が去年の夏に旅した一泊二日の京都旅行の紀行が綴られています。なかなか長文で写真も小さいですがとても面白いです。ぜひ読んでみてください。

image1-4.JPG

雑誌『POP LIFE』は"But life ain't real funky, Unless it's got that pop"(人生はPOPじゃないとファンキーじゃない)というPrinceの言葉をメインコンセプトとするカルチャーマガジンです。実はこの雑誌は2008年に創刊し、1年に1冊のペースで発行している、という設定になっています。「POPであるとは物事の両極を楽しむ姿勢のことである」との哲学から、毎号対義的な1つの特集テーマを取り上げていて、2017年号のテーマは「center & edge 芯と端」。
原さんは日頃から、対極の立場それぞれから物事を見ることを意識されているそうです。古道具とは、捨てられて価値がゼロになったものを選び出し、また価値を新たにつけること。物流の中心からは外れているような、まさに端に当たる商売です。しかしその「捨てられて価値がゼロになったもの」はかつては新しかったもので、芯であるものだったかもしれない。そう考えると、今現在流行っていたり最新のものとされているものも、いつかは古道具になるものです。端があるから芯があり、芯があるから端がある。あるいは、芯もいつかは端になり、端も芯になる可能性を内包しているし、芯の中にも端があって端の中にも芯がある。

image1-10.JPG

古道具屋という商売は編集長のような仕事だ、と原さんは言います。様々な素材、様々な品、様々な国、様々な色の物。それら目の前に流れてくる雑多な物たちを自分のセンスで選び、まわりの商品との繋がり方を考えながら店頭に並べる。その中には到底売れそうもないものも並び、それらが面白味となって店に色を着ける。雑誌でも、なんとなくいつも飛ばしてしまう、読まないようなページがあって、でもそのページがあることが面白味になっているような、そんな雑誌が好きだと話していました。

image1-6.JPG

原さんは古いものを扱っていますが、新しいものにも敏感です。それは、古いものでずっと残っているものは、その当時の最新鋭のものであっただろうという考えからで、新しいものに興味を持つことは、古いものに興味を持つこととイコールであると話されていました。古道具 LET 'EM INの隣には room103 というギャラリー・イベントスペースがあり、こちらも原さんがオープンしたもの。若手のアーティストの展示やさまざまなイベントを行っています。古い物を扱う店の隣に、新しいものが生み出されるスペースがある。

image1-5.JPG

「自分を中心に据えて世界を構築し、そんな自分と世界を一番端に立って眺めてみる。
 端と思っていた位置を中心に、また世界や概念が外に広がり始める。」

 -原 尊之 POP LIFE 2017年号より-

image1-9.JPG

今回の展示は展示会場自体がこの雑誌『POP LIFE』というようなイメージになっています。参加作家のアートワークのオリジナルや関わられた書籍、音源などをご紹介し、それぞれの参加者と原さんとの出会ったきっかけや、原さんの持つ印象などが自身の言葉により書かれたキャプションも添えられ、作品を見るだけでなく、それらを読むとより参加者の人物像が想像できるようでとても楽しいです。このキャプションは雑誌『POP LIFE』には掲載されていないので、読めるのは展示会場でのみ。

image1-7.JPG

原 尊之「POP LIFE」はいよいよ6月5日(月)までです。原さんの在廊日は、3日と5日はcircleにて在廊。4日はイベントの為HOMEBASEでの在店となります。
6月4日(日)は国立市にあるピザ、パスタがメインのイタリア料理店、IL GIRASOLEの出張料理店です!オーナーシェフ、西山武士さんも今回の雑誌『POP LIFE』に登場しています。雑誌に掲載したお料理を入れたランチプレートを特別にお召し上がり頂けるイベントとなっております。11時30分から15時まで。限定20食なのでお早めに、予約は不要です。

HOMEBASE
国立市富士見台1-8-41



スタッフ:飯塚

原 尊之 「POP LIFE」

POPLIFE_dm_front_s2.jpg

2017年5月19日[金] - 6月5日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
在廊日は、5/20、22、27、29、6/3、4(HOMEBASE)、5を予定しています。


思えばずっと、自分が好きだった雑誌のような
古道具店をやってきたように思います。
純粋な文学や、むずかしい専門誌ではなく、雑多な雑誌。

店がもうすぐ10年目に入るタイミングで、
LET 'EM INを通して知り合った人達と、
今度は本当の雑誌をつくってみました。

LET 'EM IN 原 尊之


----


"But life it ain't real funky, Unless it's got that pop."
(人生はPOPじゃないとファンキーじゃない) Prince "Pop Life" 1985より


2008年の創刊以来、Princeのこの言葉をメインコンセプトとする
カルチャーマガジンとして年1回の発行を続けてきた"POP LIFE"。
POPであるとは物事の両極を楽しむ姿勢のことである、
との哲学から、毎号対義的な1つの特集テーマを取り上げてきました。
2017年号の特集テーマは「center & edge 芯と端」。
今号も、この特集テーマを元に
様々なアーティストたちと"POP"な表現を作り上げていきます。

[参加作家]
守本勝英
西山武士(イル・ジラゾーレ)
矢野利裕
MA1LL(SIMI LAB)
SAITOE
柳樂光隆
富岡栄二(ALL TOMORROW'S PARTIES)
culthat
片岡メリヤス
さぶ
ZAN
しまもとあり(古道具コレノナ)
millitsuka
江利川侑介
丸山晶崇(circle [gallery & books])


----

【関連イベント】

1. リスニングイベント
「新しいJazzとブラジル音楽を聴く」
@room 103
江利川 侑介(diskunion)
柳樂光隆(Jazz The New Chapter)
-
日時:5月21日[日] 15時00分~
参加費:無料


2. トークイベント 「芯と端と古物と」
@circle [gallery & books]
富岡栄二(古物百貨店 All Tomorrow's Parties)
原 尊之(古道具 LET 'EM IN)
-
日時:5月27日[土] 15時00分~
参加費:無料
定員:20名(予約優先)


3. DJイベント 「4 1/2salad」
@酒場FUKUSUKE(国立市東1-15-22 3F)
DJ Hayakawa/DJ Tick/DJ Bear 3名によるDJイベント
-
日時:5月27日[土] 19時00分~
参加費:無料
※飲食店なので、1オーダーをお願いします。


4. 出張料理店 「イル・ジラゾーレ」
@HOMEBASE(国立市富士見台1-8-41)
西山武士(イル・ジラゾーレ)
-
日時:6月4日[日] 11時30分-15時00分
イル・ジラゾーレ オーナーシェフの西山さんによる一日限りの出張料理店。
売り切れ次第終了です。


関連イベントの2のご予約はメールにて承ります。件名を「トークイベント 芯と端と古物と参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。なお、その他のイベントは予約不要となります。

中野由紀子「昔の日記、通勤と散歩」レポート

『ぼんやりしている時、自分は今どこに立っているのかな、そんな感覚になる時があります。その感覚が好きで、それを味わえるような空間をつくりたいなと思いました。
以前より夢で見た風景などを題材にしてきましたが、今回はどちらかというと自分が意識的に動いている(と思っている)時を描いています。通勤電車の窓の外を流れる風景や、散歩中に見つけた植物たち、昔の自分の文章を読んだ時の記憶の蘇り方。
それらは現実ではありますが、本当にそうかな、と思えるような瞬間があります。その感覚を大事にして絵を描いています。』 中野由紀子

DSC_0076.jpg

DMにもなっているこの作品たちは、黒い紙やトレーシングペーパーなどに描いたドローイングを切り抜いたものです。モチーフは通勤や散歩の途中で見かけるような、というか、見過ごすようなものばかり。玄関先にある多肉植物や観葉植物、干されている布団、ゴミ置場、ガードレール、植物のない植木鉢。

DSC_0107.jpg

そういえば、中野さんの展示の一つ前、並木夏海さんの展示「こなたかなたでは、並木さんも身の回りにあるものを作品のモチーフにされていました。しかしモチーフは同じでも、線も色もまったく異なり、はっきりとした世界観の違いが、観る側としてはとても面白い。

中野さんは浮遊感のある歪みのある線で、少ない色味をドラマチックに使用している印象です。
絶妙なバランスで描かれた景色は、まるで白昼夢を見ているような不思議な感覚を呼び起こします。

DSC_0051.jpg

DSC_0056.jpg

もともとは油絵の作品を描くことが多く、ドローイングを今回のような形の作品にしたのははじめてとのこ。
油絵は盛りが少なく書き込みもシンプル。トーンも抑え気味であっさりとしています。しかしだからこそ、唐突に現れる鮮烈な赤系の色にハッとして、この色の先になにがあるのだろうかと想像を掻き立てられます。

DSC_0092.jpg

展示はいよいよ残りわずかとなりました。若手の作家ということで、作品は購入のしやすい価格帯となっています。今後の活躍がとても楽しみな方です。「作品を買う」そして「自宅に飾る」という楽しみを経験をしてみるのはいかがでしょう。


中野由紀子 「昔の日記、通勤と散歩」
2017年4月14日[金] - 5月1日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)




スタッフ:飯塚

中野由紀子 「昔の日記、通勤と散歩」

nakano_01.jpg

nakano_02.jpg

nakano_03.jpg

nakano_04.jpg


2017年4月14日[金] - 5月1日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:4月14日・5月1日


日々の生活の中、印象に残ったものや風景を、
記憶を辿りながら絵を描く中野由紀子。
通勤電車の窓の外の風景や、散歩中に気になったかたちの木や空き地、
昔の日記を読み返して思い出し、それらを自分の中の心象風景として画面に現しています。
浮遊感やゆるやかな空気を感じる作品に会いに、春のやぼろじへおこしください。


----
中野由紀子
多摩美術大学美術研究科絵画専攻油画研究領域 修了
http://instagram.com/nakanoyunyukiko

〈個展〉
2016 藍画廊 「-かわる景色-」
2015 藍画廊 「中野由紀子 展」

〈入選〉
2017 第35回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
2016 第31回 ホルベイン・スカラシップ奨学生
    TURNER ACRYL GOUACHE BIENNALE 2016(佳作)
    トーキョーワンダーウォール 2016
    第33・34回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
2015 トーキョーワンダーシード 2015
2014 トーキョーワンダーシード 2014

並木夏海「こなたかなた」レポート

Namiki_06.jpg

並木さんは多摩美術大学で日本画を専攻されていました。和紙に岩絵の具という日本画の画材で描かれた作品は、日本的な印象と共に、グラフィカルでデザイン的な要素もあり、独特なバランスの世界観です。


Namiki_05.jpg

私は日本画についての知識があまりにも乏しいもので、この展示を機に少し日本画について調べていたところ、大正から昭和にかけて活躍した日本画家の福田平八郎さんに行き当たりました。福田平八郎さんの作品「漣」、そして「雨」をはじめて見たのですが、今まで私が抱いていた「日本画」のイメージを大きく覆すものでした。その特徴は、斬新でありながら、どこか懐かしい不思議な作風、そして、狭い視界で見た部分だけを切り取る大胆なトリミングとデザイン感覚。これらは並木さんの作品に通づるものがあると感じました。


Namiki_04.jpg

並木さんの作品のモチーフは、ブロック塀や柵、フェンスやどこかで見た看板など、身の回りにあるようなもの。それらの一部をトリミングし、ごくシンプルに白、青、グレーで描いた、記号的で平面な世界。しかしじっくりと見ていると、絵の奥に影があったり、植物のようなものがうっすらと見えてきたりします。描いた絵の上に和紙を重ね、その上にも絵を描いて下の絵を透かしているそう。近づいて見てみると、岩絵の具のキラキラとした表情、輪郭線の盛り上がり、和紙の質感、透けて見える絵など、離れて見ていては気がつかない、細かな技が盛り込まれていることが分かります。


Namiki_02.jpg

この画面を通して見ている分には細かな表現は伝わりません。和紙から透けて見える奥の絵の質感はなんとも不思議です。ぜひぜひ見にいらして下さい。


Namiki_07.jpg


並木夏海「こなたかなた」
2017年3月10日[金] - 3月27日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
作家在廊日:3月12・19・20・26日




スタッフ:飯塚

並木夏海「こなたかなた」

namiki_omote_s.jpg

works_03_s.jpg

works_02_s.jpg


2017年3月10日[金] - 3月27日[月]
OPEN 12:00 - 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)

作家在廊日:3月12・19・20・26日


並木夏海
--
多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業
-個展
「きみはありしか」 pocke (2016)
-グループ展
「Dojima River Awards」堂島リバーフォーラム(2016)
「EXIST Vol.6」JINEN GALLERY(2016)
「KITAJIMA/KOHSUKE#13」カタ/コンベ(2016)
「EXIST Vol.5」JINEN GALLERY(2015)
「anywhere but hereⅡ」フリュウギャラリー(2015)
「色さざれ」多摩美術大学日本画専攻 卒業制作有志展(2014)
「雨を食べ 星を生む」三人展(2014)